瀬戸の産土神 深川神社
HOME
由緒
境内寸景
陶彦社
重要文化財狛犬
祭事とご祈祷
結婚式
授与品
交通と宿泊
お知らせ
一歳の手形茶碗
コラム
ねぎどんのつぶやき
コラム
瀬戸歳時記
東日本大震災
義援金のご報告
一の鳥居再建事業
AED
今日の運勢は?
ようこそ

771年創建の式内社

 深川神社は奈良時代の771(宝亀2)年、朝廷・藤原氏縁の天津神をこの地に勧請し創建された式内社です。瀬戸の総鎮守・産土神(うぶすながみ)として篤く信仰されています。本殿は、約180年前(文化、文政年間)に諏訪の名工・立川和四郎が手がけたもので、随所に施された優美な彫刻が特徴です。1999(平成11)年、瀬戸市有形文化財に指定されました。

 また、神社境内には、瀬戸の焼物の祖、加藤四郎左衛門景正(藤四郎)を祀る陶彦社(すえひこしゃ)があり、毎年4月には藤四郎の遺徳を偲ぶ「陶祖祭」が、市の中心市街地などで盛大に催されます。

新着情報

新着コラム

お問い合わせ

深川神社 〒489-0076 愛知県瀬戸市深川町11番地 >>地図
電話 0561-82-2764 FAX 0561-82-2839

当サイトに掲載の写真・図・表・記事の無断転載を禁止します 。著作権は深川神社に帰属します