Home

 What's new  牧場の生立ち
   ドルフィンボーイ    さよならドルフィン  さらばハードクリスタル
  さらばサウスポール   徒然雑記帳   矢野敏先生のUS競馬
  厩舎と騎手の成績   北海道馬奇譚  最新の100頭
 徒然散歩路  馬関係Link

花の写真

  出走予定馬と成績   調教タイム  賞金獲得順位

  掲示板

  Y&M Bar KISLING

免疫療法

  出走予定馬と成績  調教タイム   賞金獲得順位

 

 

      栗ちゃんの厩舎便り 更新日:2011/04/19

    川崎池田厩舎で、メルクリオス号を持ち乗りで管理トレーニングしている栗林君からの厩舎便りです。

 

 

2004/08/15  多摩川の花火

多摩川の河川敷で花火の催しがありました。大きな音がするので、お馬さんたちが怖がらない様に馬屋を明るくして、みんなで厩舎に集まっています。お馬さんも最初はびっくりしますが、すぐに慣れて花火を楽しんでいます。

 

2004/07/10  猛暑の過し方

連日35度近い猛暑が続いています。池田厩舎での暑さ対策です、厩舎の壁に大きな簾を掛けたり農業用のテントをはったりして、少しでもお馬さんたちがすごしやすい様にしています。これからも暑い日が続きますが、みんながんばりので宜しくお願いします

2004/05/25 寝藁干し

今日は久しぶりのいい天気になったので、お馬さん達の布団を干している様子です。今日はふかふかの布団で、気持ちよく寝れると思います。

 

2004/03/27 野崎騎手

12月11日の落馬事故で休養されていた、野崎武司騎手が調教での騎乗を開始されました。まだ調教後、左腕が痺れるみたいですが、4月の競馬に騎乗できる様にと頑張ってられます。

 

 

 

 

 

 

2004/02/12 ベッカムヘアー君、ヒカリ君

只今、池田厩舎の前でマンションを建築中です。日中はガンガンと工事の音がしますが、お馬さんたちはさほど驚きません、街中の騒音に慣れている様子です。手前がベッカムヘアー君です、いつもヒカリ君と一諸に併せ馬で調教しています。

 

 

 

 

 

 

2004/02/12 メルクリオス君

調馬索での調教の様子です。馴致の馬たちも、まず調馬索でハミ受けを教えたりします。メルクリオスも運動を開始しました、競馬で負けていない馬が重賞レースで優勝したり好走しているので、くりきんとん君もなんとかしてあげたいと、ずっと思っています人馬共に頑張ります。
 

 

 

 

 

 

2004/01/11 メルクリオス君

メルクリオス君の右前の写真です、内側の蹄支角から裂蹄になってしまいました。今のまま乗っていくと蹄冠まで割れていくので運動と放牧だけです、まだ痛みはありません。2着、4着と負けてしまいましたがスムーズに実力どうり走れれば勝てるレースでした、とにかく蹄が伸びるまで対処できないので、池田調教師と福永先生の
指示でやります。すみません。

 

 

 

 

932. 待っているよ、メルクリオス君 ブルーラグーン  2004/01/13 (火) 19:22
こんばんは。本年も宜しくお願いします。

今日はメルクリオス君のことです。
もちろん「栗ちゃんの厩舎だより」を拝見したからなのですが、
「厩舎だより」、いつも、とても楽しみにしていますよ。

自分はパドックでしか彼に会うことはできません。
でも、こうして紹介していただくと、彼を見る気持ちが変わります。
次にパドックで彼に会うときには、心の中で、
「裂蹄治ってよかったね」って声をかけてあげます。

川崎のパドックで再会することを楽しみしています。

 

2004/01/02 くりきんとん君

あけましておめでとうございます。昨年中はたいへんお世話になりました 本年も宜しくお願いいたします。メールで失礼いたします。メルクリオス君いい状態です、体重も460キロあり、ふっくらして凄いパワーです、報知杯を走ってもいい勝負できると思っているぐらいです。毎日調教のあとは1時間程、放牧地で遊んでいて気
持ちも落ち着いています。4日は、くりきんとん君がんばりますので宜しくお願いします。
 

2003/12/24 厩舎の大掃除

お馬さん達の部屋の大掃除の様子です。

2003/12/08 メルクリオスの調教

12月8日メルクリオス君追い切りました。4日も馬なりでいったので、56,7のつもりで全力で引っ張ったまま4F52 3F38でした。調教では、すごく引っかかる馬なのでメルクリオス君の気持ちと体から伝わってくるものを1番に考えていきますので、宜しくお願いします。

2003/11/16 メルクリオス号の泥遊び

お馬さんたちも自由に遊びに行ったり出来ないので、なるべくストレスがたまらない様に、追い切りの翌日1時間運動のあと1時間程放牧して、体を洗って30分程運動です。先日も、幼稚園の子供たちが30人ほど馬場にきて見学してたので、調教後騎乗したまま、手で触れるぐらい近くまでいってもメルクリオス君やさしい目のままでした、全然怖がりません。子供たちもうれしそうでした。自分にしてみれば弟の様な存在です。 泥だらけの写真ですが、見て下さい。宜しくお願いします。

2003/11/07 パイ号

パイ君の削蹄の様子です、すっかり蹄も良くなってます。競馬ももう少し乗り込んでいれば勝てたかという僅差の3着でした。素顔のパイ君かわいい顔してます。

2003/11/07 カイソクヒューマ号のゲート練習

ヒュウマそろそろ競馬で走れるころだったんですが、ゲートのなかで立ち上がったりで暴れた為、練習している様子です。くりきんとん君も5走目から担当する事になって練習した時は、めちゃくちゃゲートを怖がって騎手を乗せたままひっくり返るぐらいでしたが、今ではぼけっとして前回の競馬でも出遅れてしまいました。ゲート
で暴れる馬はどれだけ安心させてあげられるかが大事と思います。

2003/11/07 北海道に輸送されるヒカリ号

ひかり君まだ体がしっかりするには時間がかかりそうな為、牧場でトレーニングすることになりました。写真は北海道から本州など、長距離を走る9頭乗りの馬運車です、競馬場間を走る車は、4頭乗りになります。飛行機ならエコノミーとファーストクラスの違いです。

 

2003/10/12 やんちゃなメルクリオス

後ろに見えるのは川崎駅周辺のビルです。しばらくしたらメルクリオス君ここで昼ご飯を食べる事になるとおもいます。

普段のくりきんとん君です、調教後たまに放牧地で気分転換です。

 

2003/10/10 メルクリオス調教試験

 

 

本日、調教試験が行われ、くりきんとん君とぱい君、二人とも無事に合格しました。ぱい君もう蹄の痛みは、まったく無い様子で良かったです。写真は1番メルクリオスです。

 

 

 

 

2003/10/8  メルクリオスとパイ

いつもお世話になります。メルクリは最高の状態ではないですが、ほぼ走れる体になっています。パイ君、今日騎乗しましたが、すごくいい状態です、蹄の痛みもなくなってくれて良かったです、多分B3クラスなら、息が出来れば勝てると思います。パイも可愛い馬で手が空いていれば担当したかったですが、二人とも頑張れる体になっているのでよかったです。よろしくお願いします。

 

 

 

くりきんとん君とパイ君、夏休みから帰ってきました。二人とも体調良さそうです。パイ君は蹄も良くなって、痛みも無い様子です。二人とも頑張りますので、よろしくお願いします。

 

 

2003/9/21  ヒカリ君の新馬戦

ひかり君、よく頑張って走りました。ぜんぜんばてていません、人を信頼してくれているので、はじめてのお客さんのいる競馬場にいっても、普段と同じ表情でした。新馬戦を使うまで、長い間待っていただいて、ありがとうございました。

2003/9/3 チセルちゃんの治療

チェセルの管骨の骨瘤とソエの治療です。新馬戦を走ってから、まだ骨自体が固まってない為、強い運動のあと負担のかかる管骨が炎症を起こしてきた為、高熱のコテで焼いて炎症を抑える治療です。

 


 

2003/9/3 普段のひかり君

普段の生活の、ひとコマです。厩舎をお馬さんが、快適にすごせるよう、ペンキを塗ったりしてるんですが、ぼくもペンキだらけ、ひかり君もペンキだらけ、なんとなく笑ってしまえる写真です。

2003/9/3 ひかり君の運動

いつも、お世話になります。ひかり君9月1日にも4Fから追い切りかけました自分で騎乗したので、正確な時計は分かりませんが53秒ぐらいと思います。まだスピードが
たりないですが、ぜんぜんばてません、最後までしっかりと真っ直ぐに走ってました。やっと追い切りができる体になってきました。7日に本場場で今野騎手で追いきる予定です。なんとか新馬戦で頑張れるようにしてあげたいと思っていますので、宜しくお願いします。 

 

2003/8/5  水遊びするヒカリ君

8月になり、いよいよ暑くなってきました。お馬さんたちも、かなり辛いと思うので午後の水浴びです。なかなか気持ちよさそう顔してます。

 

 

 

 

 

 2003/7/26  休養馬情報

 北海道で休養中のメルクリオス君、久し振りの林檎、おいしそうに食べていました。 7月の終わりごろから、調教はじめるそうです。自分の事も、覚えてくれてました。 

 

パイ君です、まだ蹄鉄をはずすと痛いみたいですが、体もふっくらしてのんびりと、すごしてました。

 

 

 

 

 

 

 写真は左からトゥインクルジョイ号とカイソクヒューマ号

 トゥインクルジョイ広い放牧地で、気持ちよさそうにしてました。

 カイソクヒューマもいました、涼しくて気持ちよさそうでした。

2003/7/7 福永先生の削蹄

 

 

 

 

 

 

装蹄の風景です。お馬さん達は約20日に1回蹄鉄を打ち替えたり爪を切ったりします。池田厩舎では、福永装蹄師に装蹄していただいています。今回は1番弟子の大槻さんと、たかだ君、おさむ君と来られました。福永装蹄師たちは北海道など、日本全国を1ヶ月の半分以上、馬たちの為に地元、広島と違う土地ですごされています
。本当に装蹄という仕事を真剣にされている、職人さんたちです。馬たちも自分たちもありがたいし、うれしいです。    あと写真だけ2枚ほどお送りします。宜しくお願いします。

 

 

2003/7/7 ヒカリ君の能力試験

お世話になります。7月4日ヒカリ君とソルアノチェセルの能力試験があり、2人とも無事合格しました。ヒカリ君順調に良くなっています。

 

 

 

 

2003/6/17 ヒカリ君の追い切り

ヒカリ君、今野騎手で追い切りました。4F,54ぐらいの予定でしたが、相手の馬も能力前の2才だった為、4F,59秒でした。[馬なり] 息の入りは、いいです

 

 

 

 

 

2003/6/8 馬の歯医者さん。

お世話になります。本日、馬の歯医者さんが、ニュージーランドから育成牧場に来られました。名前はJULIAN SPARKさんです。以前担当していた馬は、非常にハミ受けが悪く、ストレスをもちながら走っている感じでしたが、治療して貰って2日目に入る
と、ハミ受けが良くなっていて、凄くリラックスして気持ち良さそうな目で、走っていました。本当にあの時は、びっくりしました。歯の重要さを痛感しました。写真はヒカリ君が治療して貰っている処です。ヒカリ君は歯は、とくに問題ありません まだ体がしっかりしていませんが、凄くいいフットワークで走ります、彼の体に合わして、じっくりやってあげたいと思います。

 

ヒューの治療して貰っている処です、初めての人には噛みついたりするんですが、JULIANさんには、なついていました。

 

 

 

 

 

 

 

ヒカリ君のぬいた歯の写真です。本当に丁寧に診てくれます。自分も少し英語がわかるので親切に細かいところまで説明してもらいました。JULIANさん自身がやさしそうな感じの人なのでお馬さんたちも、怖がる様子もなく治療をうけていました。

 

 

 

 

 

 

2003/6/6 パイ号の削蹄

パイ号は大井から川崎に移ってからも、相変わらず原因不明の脚痛の為調教後右足を着けない状態でした。
昨日福永装蹄師が削蹄を行なったところ昨年の座石後と思われる膿と血が出ました。今回これを取ったので今後良くなると思います。パイ君痛かっただろうね、ごめん。