町田市立国際版画美術館 2016年度の予定


企画展示室

 
期     間 タ イ ト ル ジ ャ ン ル ・ 内 容

2016年
4月29日(金)〜6月19日(日)


企画展

森羅万象を刻む―デューラーから柄澤齊へ

 いつも目にしている紙幣に線の世界が広がっていることをご存知でしょうか。よく見ると小さな画面のなかで細い線や太い線と、自由な曲線や規則的な点線とが組み合わさって肖像や風景が表わされているのです。その多くは「ビュラン」と呼ばれる版画の彫刻刀によって刻まれたもの。習得が難しく、制作にも時間がかかります。

 それゆえ熟練の技はまさに超絶技巧。1ミリの間に10本以上の線を刻むことができるうえ、さまざまな質感や量感を刻線のみで表わすことも可能です。また強じんな集中力をもって彫り続けるためでしょうか。ビュラン作品には作り手の心が色濃く反映されたものが少なくありません。版画家の手業と精神が出会うとき、あらゆるものが版面に刻まれうるのです。

 表現の可能性を開拓したアルブレヒト・デューラーをはじめとする西洋の先達たちと、その心技を昇華させた柄澤齊(からさわひとし)ら日本の版画家たち―本展では彼らの作品約200点によって、ビュランから生まれる版画「エングレーヴィング(直刻銅版画)」と「木口木版画」の魅力にせまります。時空をこえて呼応しあう古今のビュラン作品をご堪能ください。


2016年
4月19日(火)〜6月26日(日)




ミニ企画展

西洋の木版画

西洋の木版画の起源は1400年前後にさかのぼるといわれます。1400年代末にはデューラーが登場し早くもひとつの頂点を極めますが、やがて版画の主流は銅版画に移り、木版画は民衆版画や本などの挿絵に細々と残るだけになっていきました。

6月29日(水)〜9月22日(木)


ミニ企画展

摺 物
 摺物は、注文によって作られた非売品の版画のことをいいます。販売用の浮世絵版画とは異なり、趣味人たちが私的に楽しむために制作し、仲間内で配ったり交換したりしました。
 江戸時代に多く作られたのは、俳諧師や狂歌師らが新作の発句や狂歌に絵を添えて木版画にした、「俳諧摺物」や「狂歌摺物」です。また、当時の暦(現在とは違う太陰太陽暦)に基づく「大の月」(30日の月)と「小の月」(29日)を文字や絵で表した摺物、「大小」も流行しました。主に新年に合わせて作られたので、今の年賀状やカレンダーにも似ているでしょう。ほかにも歌舞伎役者の追善や襲名を目的としたものや、歌舞音曲のお披露目の案内、お店の宣伝を兼ねたものなど、様々な用途で作られました。その多くには、縁起のよい動植物や静物、人物が、当時の人気絵師たちによって描かれており、一般に流通した浮世絵版画に劣らない味わいがあります。
 また摺物は私的な出版物であったため、採算を度外視した、当時最高水準の摺りの技術が施されたものが少なくありません。「空摺り」や「きめ出し」、「金銀摺り」や「雲母摺り」など、細部には贅を尽くした趣向が込められています。
 このミニ企画展では、町田市立国際版画美術館所蔵の摺物80点を、前後期の展示替えでご紹介します。当時の高い摺りの技術と、趣味人たちによる知的な遊び心、そしておめでたい吉祥図像のあふれる摺物の世界をご堪能ください。

7月9日(土)〜9月22日(木・祝

企画展

諷刺画って面白い?

 
その時代の政治や社会を批判的な眼でとらえ、痛烈さで時に世間を騒がせた諷刺画。しかし、こうした諷刺画のなかからも、年月を経たのちに美術作品として評価されるものが現われます。それらが美術館に展示されるとき、私たちはどのように「作品」を楽しむことができるのでしょうか? 18世紀のイギリスで一世を風靡したホガース、スペインの巨匠ゴヤ、そして政治諷刺画の黄金期といわれる19世紀フランスの作品を通して、美術としての諷刺画の楽しみ方を探ります。

7月9日(土)〜9月22日(木・祝)



企画展

小野忠重コレクション展 ―近代日本版画―

 町田市立国際版画美術館は、近年、版画家であり版画史研究家でもあった小野忠重の版画や油彩画のほか、小野が版画史研究のために蒐集した大量の近代日本版画とその資料を収蔵しました。

本展覧会はそのなかから、小野の版画を含む、大正初期から昭和20年代の版画や資料約150点を公開・紹介し、小野忠重コレクションの意義を再考するものです。近代日本版画の表現世界もお楽しみ下さい。

常設展示室

 

期     間 タ イ ト ル ジ ャ ン ル ・ 内 容










 

  

メディア・アート(ハイビジョンホール)


■ ハイビジョン・ギャラリー

    収蔵作品により32番組をご覧いただけます。

■ ビデオコーナー


   「版画の技法」「版画作家紹介」等のビデオを放映しております。

■ ミュージアムショップ


    展覧会図録、絵ハガキ、版画作品、ビデオソフトなどを販売しております。


  無料日    展覧会初日:4/12(土)、10/31(土)

          開館記念日:4/19(金)、文化の日:11/3(月・祝)

  休 館 日    月曜日(祝日・振替休日にあたった場合はその翌日) 12月28日〜1月4日
  開場時間    火〜金    午前10:00〜午後 5:00(入館は午後4:30まで)
            土・日・祝   午前10:00〜午後 5:30(入館は午後5:00まで)


          ※展覧会の名称、日程、内容等は変更されることがあります。

シルクロードクラブのホームページへ

国際版画美術館 友の会のページへ