◇分かりやすい日本語文章の書き方

  NextへNext  menu  スキー総合情報home 



悪文の見本「黒い髪のきれいな女のこ」

 例えば、日本語として「黒い髪のきれいな女のこ」は、確か何十通りも解釈できる悪文の見本です。
 それではクイズ。この「女」は美人ですか、何歳くらい人ですか? 髪の色は何色ですか?
透明スペーサー
 答=
 あなたの解釈に反し、美人では無いかも知れません。もしかしたら、70か80歳代の老女かも知れません。また金髪かも知れません。
 その理由は、形容詞がどの言葉にかかっているか、いろいろ解釈出来るからです。
 例えば、「黒い髪のきれいな、女のこ」なら、きれいなのは黒い髪であって、容姿の美しさは不明です。
 「黒い髪のきれいな女、の子」なら、「黒い髪のきれいな女」の人の子供であって、もし母親が100歳なら、その子は80歳かも知れないし、しかも性別は、男の子であるかも知れません。
 「黒い、髪のきれいな女のこ」なら、「髪のきれいな女のこ」は顔や肌の色が黒いだけで、髪の色は金髪である可能性もあるのです。
透明スペーサー
 「黒髪を持つ、きれいな(若い)娘」か、または「きれいな黒髪を持つ、女の子(子ども)」=これがふつうの理解です。
 このような曖昧さという欠点を持つ日本語では、区切りやカカリを明確にして、できるだけ分かりやすい文章にすべきです。文学・小説なら別ですが…、レポートやマニュアルなどではとくに大切です。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


長い文章は分かりにくい

 「え〜、ただ今ご紹介に預かりました◎◎で御座いますが、、、、、、、、、、、、、、、、、、、私と★★家とのおつき合いは新郎のお父上が経営するガソリンスタンドを、、、、、、、、、、、、、、、、、で、、、、、、、、、、、、、、、、、そのご子息である新郎の◇◇君は大変に優秀な青年で、若い頃から海外に出ていろいろご苦労をされ、、、、、、、、、、、、、、、、、、ということで、本日は大変におめでとう御座います。」
 これは極端な例だとしても、結婚式の、とくに年配男性の祝辞ではこんな感じのものが少なくありません。これを真面目に聞いて、正しく理解出来たら大したものです。
 話し言葉だけでなく、区切りが無く延々と続く文章は、たいへんに分かりにくいものです。カカリと受けの狂いや、文法の誤りがあっても、それすらも分からなくなるほど難解で、かつおかしな文章に成っているのが普通です。
 1センテンス(1つの文章)を短くすることを心がけるだけで、分かりやすい日本語になります。仮におかしな文章や、間違った文章を書けば、書いた本人がすぐに気が付きます。当然、読み手にも分かりやすい文章になります。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


良い家を建てるには設計図が必要です

 図面も引かずに家やビルを建てることは考えられません。長い文章を書く時も同じです。
 といっても大げさに考えず、何を書きたいのか、どんなことがポイントか、話したい逸話やデーターは何か、などなどをメモしておきましょう。
 5つのW=誰が、いつ、何処で、何を、何故
 という要素が大切と言われていますが、そんなに堅く、真面目に考える必要はありません。簡単なメモを起こすだけで、違います。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


箇条書きのお勧め

1.多くの日本人は、日本語で文章を書くことが苦手である。
 ここで、面白い実例を上げると良い。
2.何故、日本語の文章が難しいか−1.
 何となく普段口にして話していても、日本語を考えることが少ない。
 例えば、英語なら、、であるが、日本語の場合は、、、。
3.何故、日本語の文章が難しいか−2.
 意外と文章を書く習慣が少なく、あるいは文章を書く時間が少なく、例えば手紙よりも電話で用件を済ませることが多い。
 誰でも、あまり行なわないことが、うまくできるハズがない。
4.
5.
 というように箇条書きなら、分かりやすい文章を簡単に書きやすいものです。
 またそれを読む相手も、読み易く、分かりやすいものです。
透明スペーサー
 「長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった」という、この小説の書き出しの文章が素晴らしいといった解説もよく目にします。
 こういったことも潜在意識にあるのかも知れませんし、誰でも文章の始まりの部分はひねりの利いた、良い文章を書きたくなるものです。かっては私も大量の雑誌原稿や、単行本の原稿を書いていましたが、この部分に多大の時間を費やしたものです。でも、その割には、大したものは生まれませんでした。
透明スペーサー
 箇条書きで文章を書こうとすると、「長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった」などが不要になり、楽に書くことが出来ます。書き出しだけでなく、その後も同様になります。
 胸を打つ文芸作品を書こうといのでなければ、箇条書きでドンドン流しましょう。
 また箇条書だからといって、必ずしも1.2.3の必要はありません。★◇○などでも良いし、場合によってはその数字や記号無しでも構いません。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


設計図が必要 + 箇条書きのお勧め  その2.

 すぐ前では、内容を分かりやすくするために「箇条書きのお勧め」をしました。
 それとは別に、質の良い = 目的に即した文章を書くためにも、箇条書きはお勧めです。たとえ分かりやすい文書になっていても、豆腐屋に為替の依頼をしたり、銀行に豆腐を買いに行たりするような内容では、話になりません。
 そのために図面が役立ちます。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


分かりやすい文章を書きましょう − 何故、分かりにくいか?

原文
◇「フットベッドが装着できる【オーソスポーツサンダル】新発売」
 「フットベッドが装着できるサンダルはありませんか?」という多くのスーパーフィートユーザーの声にお応えして、今春よりフットベッドが装着できるアメリカBiteブランドのサンダル「オーソスポーツサンダル」を新発売いたします。ウォーキングやハイキングに最適のディザインで、メンズ2種類、レディス3種類を揃えております。
 装着フットベッドはシナジャイザ―・グリーンカプセルがお奨め、近日中にホームページに掲載予定です。ご期待ください。
透明スペーサー
手入れ後
◇「フットベッドが装着できる【オーソスポーツサンダル】新発売」
 「フットベッドが装着できるサンダルはありませんか?」という多くのユーザーの声にお応えして、アメリカBiteブランド「オーソスポーツサンダル」を、今春より新発売いたします。
 ウォーキングやハイキングに最適のディザインです。メンズ2種類、レディス3種類を揃えております。
 この「オーソスポーツサンダル」にお奨めの装着フットベッドは、シナジャイザ―・グリーンカプセルです。
 近日中にホームページに掲載予定です。ご期待ください。
 上段は、私がホームページの管理人をしている会社から届いた、ラフな原稿案でした。下段は、私が手直しをした原稿です。
 手入れが必要になったのは、以下のような理由によるものです。
透明スペーサー
1.
 最初の1文章(センテンス)
 「フットベッドが装着できるサンダルはありませんか?」という多くのスーパーフィートユーザーの声にお応えして、今春よりフットベッドが装着できるアメリカBiteブランドのサンダル「オーソスポーツサンダル」を新発売いたします。
では、
 フットベッドが装着できるという語句が重複し、さらにサンダルという語句は3回登場しています。
 しかも仕方がないとはいえ、カタカナの多い文章です。そこに「スーパーフィートユーザー」という2単語が結合されて、この部分のカタカナを長くしています。他社のユーザーの要望であるはずは無いので、このスーパーフィートは不要です。
 わずか全角110文字の文章内に、このような理由が沢山あるため、五月蠅く、読みにくく、かつ分かりにくくなっています。
2.
 同じ最初の1文章(センテンス)内で、
 「今春よりフットベッドが装着できるアメリカBiteブランドのサンダル「オーソスポーツサンダル」を新発売いたします。」とあり、
今春より」がかかる「新発売いたします。」の間に、他の語句が長く入っています。
 これは決して間違いではありませんが、こういう複雑な文章を分かりにくくしています。
 順番を入れ替え、「フットベッドが装着できるアメリカBite、、、、を、今春より新発売いたします。」として、カカリをくっつけたほうが分かりやすいです。


 もし手入れ後の文章でも、分かりやすさが変わっていないようでしたら、私の解説は嘘ということになります。すみませんでした。
 以降は読んでいただいても時間の無駄になりますので、終わりにして下さい。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


漢字、かな、カタカナのバランスが大切
  − ◆低学年の小学生の書いた手紙が読みにくい訳

 例えば、次の文章を読んでみてください。
読みにくい
  ↑
  ↓
読み易い
1) 「きょうはいちにちじゅうあめもふらずによいてんきだった」
2) 「きょうは、いちにちじゅう、あめもふらずに、よいてんきだった」
3) 「今日は一日中雨も降らずによい天気だった」
4) 「今日は、一日中雨も降らずに、よい天気だった」
 1)は読みにくく、4)に行くほどよくなります。4)は読むまでもなく、チラッと見ただけで文章を把握できます。


 小学生の低学年では、最上段の1)のように、ほとんど平仮名で書かれているからです。
 漢字、かな、カタカナのバランスが大切です。そして句読点が適当に入ることも大切なのです。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


漢字、かな、カタカナのバランスが大切 − 外国語を多用しないこと

分かりにくい例
 シェーレンウムシュタイクシュブングを起こすターンのキッカケ部分では、アウトサイドスキーのインサイドエッジで雪面をしっかりホールドして、それからインサイドスキーのトップを開き加減に切り込み、ターニングへと導くのである。
透明スペーサー
手入れ後
 シェーレンウムシュタイクシュブングを起こす回転のキッカケ部分では、スキーの親指側エッジで雪面をしっかり捉えておく。それからスキーのトップを開き加減に切り込み、ターンへと導くのである。
 「シュテムウムシュタイクシュブング」とは、スキー滑走でのある技術を指す用語です。(ドイツ語)
 でもこの用語は、目でも追いにくいし、知らなければ読みにくいものです。その理由は、3つ単語が続き、長い一語を形成しているからです。
 英語などのアルファベット文の場合は、たぶん、それぞれの頭文字が大文字になるか、または間にスペースやハイホン(−)などが入っているはずで、そのために上記のような問題は生まれにくいです。
 ですから、スキー雑誌や技術書の中で使われることも珍しくない 「シュテムウムシュタイクシュブング」という用語ですが、
私の場合は、品がなくても
「シュテム・ウムシュタイク・シュブング」と書くのがふつうです。
 またカタカナが多くなってきた場合は、出来ればその一部を漢字や平仮名に書き換え、バランスをよくします。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


漢字、かな、カタカナのバランスが大切 − 一般に分かりにくい外国語は極力控えること

 外国語には決して強くない私ですが、英語、イタリア語、フランス語は平均的な日本人のレベルか、少しは上かと思います。それでも会議などに出席すると、分からない外国語の単語が幾つも出てきて、閉口します。同じ単語が何度か出てくると、その前後の話から意味を想像していることも多々です。
透明スペーサー
 日本語の文章の場合でも、同様の傾向があります。困ったことです。
 論文のような場合なら、読み手もそれなりの知識があるので、ある範囲は許されます。しかしそうではなく、一般的な文章であれば、まずはあまり普及していない外国単語は控え、日本語を使うべきです。そうすれば、ひじょうに分かりやすい文章になるものです。
透明スペーサー
 広告やパンフレットなどでは、あまり認知されていないカタカナ語(外国単語)を入れることで、いかにもその商品や企画や、事業が優れているような錯覚を与えようとしているケースが多すぎます。これは欧米人、欧米文化にコンプレックスを持つ日本人の弱点を狙った、馬鹿なライター達の低レベルの仕事なのです。真似をしてはいけません。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


漢字、かな、カタカナのバランスが大切 − ◆中国を舞台にした時代小説が読みにくい訳

分かりにくい例
「従来の借地借家法は、住宅の借り手を保護することに主眼を置いていた。貸し手と借り手が締結した契約の期限がても、正当と認められる理由が無ければ、明け渡しを要求出来ない内容だ。何故なら第二次世界大戦に出征した兵士の家族の居住を守る出来た制度だが、、、」
透明スペーサー
手入れ後.1
「従来の借地借家法は、住宅の借り手を保護することに主眼を置いていた。貸し手と借り手が締結した契約の期限がても、正当と認められる理由が無ければ、明け渡しを要求できない内容だ。なぜなら第二次世界大戦出征した兵士の家族の居住を守るためできた制度だが、、、」
透明スペーサー
手入れ後.2
「従来の借地借家法は、住宅の借り手を保護することに主眼を置いていた。貸し手と借り手が締結した契約の期限がきても、正当理由が無ければ、明け渡しを要求できない内容だ。なぜなら第二次世界大戦で、出征した兵士の家族の居住を守るためにできた制度だが、、、」
 例文の分かりにくい例は、ベンツ愛用の黒服のようで、堅く、怖く、とっつきにくいです。
 それが手入れ後.1では、一部の漢字を平仮名に変えただけですが、読み易く、親しみやすい文章に一変します。
 それを更にごく一部だけ直したのが、 手入れ後.2です。
 「正当と認められる理由が無ければ、」の部分は、「正当理由が無ければ、」のほうが簡潔です。
 「第二次世界大戦出征した兵士の家族」を、「第二次世界大戦で、出征した兵士の家族」と変えた理由は、この1センテンスは区切りが無く長く続いていたたので、単なる目休め、息継ぎだけのものです。


 「中国を舞台にした時代小説が読みにくい訳」は、「分かりにくい例」文と同じく文章内に漢字が多くなり、しかもその中には読めない漢字が多くなる傾向があるから尚更です。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


★ 上の参考例では、出来はカナに開きました。しかし、以下のように平仮名が多い場合は、逆に漢字に変えることで全体のバランスを良くします。
分かりにくい例
 そうしようとは思ってはいても、そのためだけにでは、それがなかなかできないのである。
透明スペーサー
手入れ後
 そうしようとは思ってはいても、その為めだけにでは、それがなかなか出来ないのである。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


身内や、自分自身にしか分からないような抽象的な表現は禁物

 この季節のあそこあの美しさがあれほどのものとは思わなかった。きっと誰が見ても、身体が震えるほどの大きな感動することだろう。
 この文章を読んで、あなたは感動しますか。
 季節はいつなのか、場所が何処なのか、どういう状況が、どのように美しいのか、ということが全く抽象的で不明なのです。ですから感動を共有することは無理な話です。

 あそこにあるアレを、例の場所までいつものようにしておいてくれ。
 これも、特定の仲間内なら通じる会話かも知れませんが、第三者にとっては全く意味不明です。理由は前のケースと同じです。


 文章を書いたら、第三者に読んで貰うことをお勧めします。その人が、とくに日本語能力に長けている必要はありません。またその人は、友人・知人などに限らず、もっと身近な親子や夫婦のパートナーでも十分です。
 そうすることで、書いた本人だけが理解出来るような文章をチェック出来、誰にでも分かる文章に直すことが出来ます。
 ちなみに私は、自分自身が第三者になったつもりで読むという方法をとることもあります。もちろん奥様に時間的な余裕がある場合や、ひじょうに重要な文書の場合は、妻にお願いすることもあります。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


1センテンス(文章)は短くする

分かりにくい例
 学生中心の大学祭でのクラシックコンサートで、本当にお客様が来てくださるのか、どんなプログラムでやればいいのか、正直言ってとっても不安でしたが、ところがふたを開けてみると、通常の固定席ははるかに超えて、急きょ補助席を出さなければいけない盛況ぶり(最前列で聴こうと思ったお客様、急に前がふさがってごめんなさい)。


手入れ後
 学生中心の大学祭でのクラシックコンサートで、本当にお客様が来てくださるのか、どんなプログラムでやればいいのか、正直言ってとっても不安でした。
 ところがふたを開けてみると、通常の固定席ははるかに超えて、急きょ補助席を出さなければいけない盛況ぶり(最前列で聴こうと思ったお客様、急に前がふさがってごめんなさい)。


 延々と続く、長い1センテンスは読みにくく、とうぜん理解もしにくくなります。本来は必要がない場合でも、1センテンスが長くなっている場合は、2から3つに分割しましょう。それだけで変わります。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


句読点を入れる − 目でも呼吸しているのです

 文章を黙読するとき、じつは無意識の内に、心の中にある口?でも読んでいるのです。ですから、句読点が入らず長い文章は読みにくくなります。
 実際に声を出して読んでみましょう。もし息が苦しくなるようなら、間に句読点を入れて息継ぎが出来るようにしておくと、黙読するときにも読みやすい文章になります。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


カカリを近くに置き、結びつきを分かりやすくします


分かりにくい例
 私は、応永元年(1394)に将軍職を義持に譲った足利3代将軍義満が、西園寺公経の山荘の跡に造った「北山殿」が、応永15年義満が没した後、その子義持により禅刹に改められ、義満の法号にちなんで「鹿苑寺」(金閣寺)と呼ばれるこの建物を気に入った。
手入れ.1
 応永元年(1394)に将軍職を義持に譲った足利3代将軍義満が、西園寺公経の山荘の跡に造った「北山殿」が、応永15年義満が没した後、その子義持により禅刹に改められ、義満の法号にちなんで「鹿苑寺」(金閣寺)と呼ばれるこの建物を、私は気に入った。
手入れ.2
 応永元年(1394)に将軍職を義持に譲った足利3代将軍義満が、西園寺公経の山荘の跡に造った「北山殿」。応永15年義満が没した後、その子義持により禅刹に改められ、義満の法号にちなんで「鹿苑寺」(金閣寺)と呼ばれるようになった。この建物を、私は気に入った。
手入れ.3
 応永元年(1394)に将軍職を義持に譲った足利3代将軍義満が、西園寺公経の山荘の跡に造った「北山殿」。
 応永15年義満が没した後、その子義持により禅刹に改められ、義満の法号にちなんで「鹿苑寺」(金閣寺)と呼ばれるようになった。
 この建物を、私は気に入った。
 分かりにくい例文は、文頭にある「 私は、」が、文末にある「気に入った。」にかかっているのです。その間に延々と文が続いているので、この文章を分かりにくくしています。
 そこで手入れ.1では、
 「、私は気に入った。」をくっつけました。このほうが分かりやすいと思いませんか。
 そして手入れ.2では、
 この長い長い1センテンスを、3つに分割することで読み易く、分かりやすくしています。
 さらに手入れ.3では、
 あくまでも例として、すべての行を改行しています。(これでは色気もなくなるので、実際にはここまでは致しませんが、、)
 その結果、チラッと見ただけでも大体の意味がつかめます。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


二通りに理解できる、あいまい文章

 メールソフト「Outlook Express」の設定の中に、
 「ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない」 というチェックボックスがあります。
 ここにチェックが入っていてれば、添付ファイルは開けません。添付ファイルは全て削除されてしまうのです。


 「チェックをした結果、(ウイルスに感染のない添付ファイルは開けるが、)すでにウイルスに感染している可能性がある場合は、添付ファイルを保存したり開いたりしない」という意味に、最初は誤解してしまいました。
 しかし本当はそうではなく、
 「添付ファイルというものは、ウイルスの可能性が高いので保存したり開いたりしない」という意味だったのです。
 どうでも良いことなら、多少あやふやでもかまいませんが、重大な意味を持つ文章は明確であるべきです。という意味から、この例文は悪文です。


 「結構です。」という返事も、肯定と否定の両方で使われるあやふやなものです。
 「適当」を広辞苑で調べてみましたが、
1.ある状態や目的などに、ほどよく当てはめること。
2.要領よくやること。いい加減。
 このように、どちらかといえば反対の意味を持つ「結構です」や「適当」などの言葉を使う場合、文意を明確にするよう心がけましょう。
 以下は半分冗談ですが、自分の意見をあやふやにしたければ、という場合のお勧めの例です。
 それは結構です。私はどちらかと言えば、A案も反対ではありませんが、B案も良い考えであるような気もします。しかし強いて結論を出すなら、C案に賛成するかも知れません。適当に処理をして下さい。
 これだけ逃げを打たれると、何が何だか分かりません。

  topへtop  menu  スキー総合情報home 


今までの幾つかの例を総合した実例
    改行 + 平仮名、カタカナ、漢字のバランス

 以下は読まずに、模様として眺めるだけで結構です。

分かりにくい例
 ストラウスはかせは、ぼくが考えたことや思いだしたことや、これからぼくのまわりでおこったことは、ぜんぷかいておきなさいといった。なぜだかわからないけれども、それは大せつなことで、それでぼくが使えるかどうかわかるのだそうです。ぼくを使ってくれればいいとおもう。なぜかというとキニアン先生が、あのひとたちはぼくのあたまをよくしてくれるかもしれないといったからです。ぼくはかしこくなりたい。ぼくの名まえはチャーリイゴードンでドナーぱん店ではたらいていて、ドナーさんは一週かんに11どるくれて、ほしければぱんやけえきもくれる。ぼくの年は三十二さいでらい月にたんじょお日がくる。うまく文しょーがかけませんと、ストラウスはかせやニーマーきょーじゅにいったけれども、それはかまわないからしゃべっているよおにかけばいいからといって、ビークマン大がくのせえはくしゃせんたーのキニアン先生の組でさくぷんをかくときみたいにかけばいい、といった。ぼくはせんたーには週に3かい、仕ごとがおわってからべんきょうをしにいっています。ストラウスはかせは、考えたことやおこったことをどんどんかきなさいといいますが、もう考えれないから、かくこともなにもないから、きょーはこれでやめる----けいぐチャーリイゴードン。
 上記は、
 【アルジャーノンに花束を】という小説の冒頭の文章です。(ダニエル・キイス著 小尾芙佐邦訳 早川書房)
 精薄者の主人公が書いているという想定ために、ほとんどが平仮名になり、誤字も多く、読みにくくなっています。但し誤字の直しと若干の句読点の追加は、当HP管理人が行っています。

 以下は読まずに、模様として眺めるだけで結構です。

手入れ.1
 ストラウスはかせは、ぼくが考えたことや思いだしたことや、これからぼくのまわりでおこったことは、ぜんぷかいておきなさいといった。なぜだかわからないけれども、それは大せつなことで、それでぼくが使えるかどうかわかるのだそうです。
 ぼくを使ってくれればいいとおもう。なぜかというとキニアン先生が、あのひとたちはぼくのあたまをよくしてくれるかもしれないといったからです。ぼくはかしこくなりたい。
 ぼくの名まえはチャーリイゴードンでドナーぱん店ではたらいていて、ドナーさんは一週かんに11どるくれて、ほしければぱんやけえきもくれる。ぼくの年は三十二さいでらい月にたんじょお日がくる。うまく文しょーがかけませんと、ストラウスはかせやニーマーきょーじゅにいったけれども、それはかまわないからしゃべっているよおにかけばいいからといって、ビークマン大がくのせえはくしゃせんたーのキニアン先生の組でさくぷんをかくときみたいにかけばいい、といった。
 ぼくはせんたーには週に3かい、仕ごとがおわってからべんきょうをしにいっています。ストラウスはかせは、考えたことやおこったことをどんどんかきなさいといいますが、もう考えれないから、かくこともなにもないから、きょーはこれでやめる----けいぐチャーリイゴードン。
 この手入れ.1では
 改行を3つ加えただけですが、たったこれだけのことでもずいぶん読み易くなったと思いませんか。上段にある分かりにくい例とチラッと見比べてみて下さい。

 以下は読まずに、模様として眺めるだけで結構です。

手入れ.2
 ストラウス博士は、僕が考えたことや思いだしたことや、これから僕のまわりでおっこたことは、ぜんぷ書いておきなさいと言った。なぜだかわからないけれども、それは大せつなことで、それで僕が使えるかどうかわかるのだそうです。
 僕を使ってくれればいいとおもう。なぜかというとキニアン先生が、あのひとたちは僕のあたまをよくしてくれるかもしれないと言ったからです。僕はかしこくなりたい。
 僕の名まえはチャーリイゴードンでドナーぱん店ではたらいていて、ドナーさんは一週かんに11どるくれて、ほしければぱんやけえきもくれる。僕の年は三十二さいでらい月にたんじょお日がくる。うまく文しょーが書けませんと、ストラウス博士やニーマーきょーじゅに言ったけれども、それはかまわないからしゃべっているよおに書けばいいからと言って、ビークマン大がくのせえはくしゃせんたーのキニアン先生の組でさくぷんを書くときみたいに書けばいい、と言った。
 僕はせんたーには週に3かい、仕ごとがおわってからべんきょうをしにいっています。ストラウス博士は、考えたことやおこったことをどんどん書きなさいと言いますが、もう考えれないから、書くこともなにもないから、きょーはこれでやめる----けいぐチャーリイゴードン。
 この手入れ.2では、
  ぽく→僕、はかせ→博士、か(く)→書(く)、い(った)→言(った)の4つを平仮名なから漢字に変えだけですが、これでずいぶん読み易くなったと思いませんか。チラッと斜め読みしても、大体の意味がつかめます。上段にある手入れ.1とチラッと見比べてみて下さい。

 以下は読まずに、模様として眺めるだけで結構です。

手入れ.3
 ストラウス博士は、僕が考えたことや思い出したことや、これから僕のまわりで起こったことは、ぜんぷ書いておきなさいと言った。何故だか分からないけれども、それは大切なことで、それで僕が使えるかどうか分かるのだそうです。
 僕を使ってくれればいいと思う。何故かというとキニアン先生が、あの人たちは僕のあたまを良くしてくれるかもしれないと言ったからです。僕は賢くなりたい。
 僕の名前はチャーリイゴードンでドナーパン店で働いていて、ドナーさんは一週間に11ドルくれて、欲しければパンやケエキもくれる。僕の年は三十二歳で来月に誕生日がくる。うまく文章が書けませんと、ストラウス博士やニーマー教授に言ったけれども、それはかまわないからしゃべっているよおに書けばいいからと言って、ビークマン大学の精薄者センターのキニアン先生の組で作文を書くときみたいに書けばいい、と言った。
 僕はセンターには週に3かい、仕ごとが終わってから勉強をしに行っています。ストラウス博士は、考えたことや起ったことをどんどん書きなさいと言いますが、もう考えれないから、書くこともなにもないから、今日はこれでやめる----敬具チャーリイゴードン。
 この手入れ.3では、
  必要な文字を漢字やカタカナに変えて、全体のバランスを良くしました。
 これなら普通の大人には読み易く、チラッと斜め読みしても、大体の意味がつかめるようになったと思いませんか。


  topへtop    NextへNext  menu  スキー総合情報home