前説

ここは判りやすそうで判りにくい江戸のお金について大胆に解説しちゃおうという頁です。

慶長大判

長く統一貨幣経済の育たなかった我が国が歴史上初めて自前の通貨制度をもった時代、それが江戸時代でした。先行する時代に天正大判小判等の試みがありましたが、全国的規模で貨幣経済の基本を確立したのは江戸開府後の慶長年間以降になります。奈良時代の和同開珎、皇朝十二銭など国産貨幣の例はあるものの、強力な統一政権による自前貨幣制度の確立は、全国の金銀鉱山を独占した徳川幕府の成立によって初めて成し遂げられたと言ってよいでしょう。17世紀初頭に発見された佐渡金山や発掘技術、鋳造技術の進歩がこの幕府の貨幣政策を強力に後押しすることになりました。

と、前置きはこのくらいにして、江戸のお金事情について見ていきましょう。

三貨制度

三貨制度とは、金、銀、銅(銭)の三種の異なる貨幣体制が並立した江戸の貨幣制度を言い表した言葉です。 金〜両、銀〜匁、銭〜貫文など、時代劇や時代小説に出てくる江戸の人々は様々な種類のお金をやり取りしていますね。実際、円という統一通貨のみで生活している現代人から見ると、とてもややこしくて理解し難いと思われます。これは金、銀、銭の三貨と呼ばれる通貨がそれぞれ独自のルールで運用されていたためです。金貨の単位は、両、分、朱。銀貨は、貫、匁、分。銭貨は貫、文。ざっと以上のようなお金の単位が存在しました。

天保小判天保一分判金 まず金貨。 便宜上金貨と書きますが、この制度の上で後に金銀貨、銀貨も発行されました。計数貨幣で、基本的に額面の金高によって流通しました。 小判(1両)、二分判金、一分判金、二朱金、一朱金の種類があり、例外的に天保時代には中判(5両)なども鋳造されました。この他に10両(実際は7両2分相当)の大判金もありましたが流通目的ではなく贈答等の用途に用いられました。 1両=4分=16朱と、4進法による単位繰り上げになっていました。


慶長豆板銀宝永四ツ宝丁銀 次に銀貨です。銀山に近く、銀により決済する商習慣をもった上方経済圏〜中国、北陸、東北の日本海側では主要通貨として用いられていました。 丁銀、豆板銀などが鋳造されましたが、こちらは秤量貨幣と言い、銀の重さにより流通しました。主単位の匁は重さを表す単位で、1匁=3.75g、丁度現在の5円硬貨の重さと同等です。 尚、銀貨は江戸中期以降は次第に計数貨幣としても使われ、一分銀、二朱銀、一朱銀、五匁銀も鋳造されました。



明和五匁銀 明和南鐐二朱銀

寛永通宝波銭四文 天保通宝 最後に銭貨。 こちらは基本的に銅銭で1文銭、4文銭、10文銭、100文銭(当百)などが鋳造されました。 いちばんポピュラーなのが、三代家光の時代に登場した寛永通宝。1文、4文があり、4文銭は1文銭より一回り大型で裏に波形が彫られているところから波銭と呼ばれました。

以上述べた様に、三種類の貨幣体系が独立して運用されていた江戸期には異なる貨幣間に交換が必須となります。 それぞれの交換比率は毎日相場が立って変化しましたが、大まかには、 金1両 = 銀50〜60匁、幕末で80匁 金1両 = 銭4000文〜6000文、幕末で10000文 という具合でした。相場は上下を繰り返しながら幕末に向けて金が値上がりする傾向でした。 これらの実際の交換業務を行ったのが「両替商」です。三貨の変動相場による収入は莫大なもので、江戸期を通じて大きな力を持ちました。現在の銀行の表看板も「両替商」ですね。

では江戸の人達は実際にはどのようにこれら三貨を使い分けていたのでしょうか。 「値の高いものは金貨(銀貨)、安いものは銭貨」。例えば1両の買い物をしたとして、銭で支払うとなるとこれはもう大騒ぎ。6000文もの寛永通宝が必要になります。払う方も重いし受け取る方も数えるのが面倒くさい。逆にそば屋に行って16文のそばを食い1両でおつりをもらう、なんてことも非常識。5984文のおつりなんて普通、用意してません。(金貨と併用でも3分3朱と359文になります) 基本的には売り手側の値段表示が銭なら銭で払い、金なら金で払う、というのが普通だったようです。勿論、併用のパターンもありますし、商店側も相場に対応した換算表を用意してこれに対応しました。例えば金2分の商品を買い、銀で支払いたい、という場合、金2分=銀30匁ですから小粒(豆板銀)なら30匁分を、明和五匁銀なら6枚、南遼二朱銀なら4枚、という具合に支払うことになります。この例は非常に簡単ですが、実際にはもっともっと複雑な組み合わせもあり得ますし、現代人の感覚からすると相当面倒くさいですが、当時の人々にとっては慣れ親しんだ仕組みですので苦にもならなかったのでしょう。

現在の価値との比較

例えば1両は今のいくらに当たるのか。 これには色々なアプローチの仕方があります。もちろん江戸時代と言っても250年あるわけですし、時代により相場の上下もありましたので正確な換算は望むべくもないですが、敢えて誤解を恐れずにいくつかのサンプルを以下に挙げておきます。

物価の指標としてよく言い慣わされている例が、かけそば一杯16文(幕末には20文)。(ちなみに浮世絵も一枚絵16文から) 現在のそばの値(500〜600円程度ですか)を基準に計算すると、1文=31〜38円見当。 1両=6000文として、186000円〜228000円ということになります。 別のアプローチとして、職人の日当を使って換算してみましょう。 文化・文政期(19世紀初)の職人の手間(日当)は銀5匁4分。現在の日当を大まかに2万円〜3万円とします。 ここから換算すると、銀1匁=3700〜5555円。1両=銀60匁として、222000円〜333300円。 この場合の1文の価値は37〜55円。そばの例と比べて1両の価値が上がりましたが、そう大きな隔たりはありませんね。 そばの様な江戸期を通じて長く安定していた値段のものよりも、現実に近い換算方法かも知れません。

アラカルト

  • 俗に名優を千両役者、これは給金が年に千両の歌舞伎役者のこと。今の値段で・・・2〜3億円! 三座間(市村座、中村座、森田座)の役者の取り合いで役者給金が高騰した天明から寛政年間、三座が相次いで倒産したのも頷けます。一頃のメジャーリーグのようなもんですな。但し娯楽の種類が今よりずっと少ない江戸のこと、芝居町の上がりは日に千両と言われてました。ここから千両の給金を出すのが高いのか安いのか、判断に迷うところですね。
  • 芝居の他に江戸の町では吉原、魚河岸が日に千両の賑わいとされていました。一日の売上が千両ということですね。 その吉原で江戸中期以降、花魁を買うと祝儀を別にして挙げ代だけで昼夜三分。もう少し格を落として小見世に行くと、一番高級な座敷持ち(次の間付の個室を持った女郎)が昼夜二朱の挙げ代。まぁ、こんなところが相場ですか。もっと安いのはないかって?吉原なら西河岸か羅生門河岸、切見世と呼ばれる小さな店が軒を並べております。こちらは線香1本の燃える間の逢瀬で50文〜150文ってところ。
  • 相撲で十両の位、これは給金が十両ということ。十両に出世すると一人前の関取として認められました。今で言う2〜300万円。大卒初任給並の稼ぎといったところでしょうか。
  • 吉宗の時代に発布された公事方御定書、有名なのは「十両盗めば死罪」の項目。これも2〜300万円見当です。一回の盗みで十両でも、塁犯の上の十両でも刑は同じでした。基本的には重刑主義の江戸ですが、窃盗で死刑にならない今の刑法から比べるとやはり十両の重みがありますね。
  • 早起きは三文の得。まぁ、100円くらいでしょうか。人より早く起きて町内の掃除でもすれば100円くらい落ちてるかも知れないですね。
  • 旅は思いの他の贅沢です。1日の費用が宿賃、昼食、草鞋代、茶代など含めて400文程度。たとえば上方見物で江戸から京へ15日間かかって上ったとして1両の旅行代です。京での滞在費、土産代、帰途の費用を含めると3両はかかってしまいますね。その間もちろん仕事は休まなければならなかったわけですから、これは大変な贅沢だったのでしょうね。


Special thanks for my best friend さんごちゃん

TOPページへ