さんぱいのしかた

さほうのページとびらえ

えいごボタン フレームページへ

参拝の作法

手水の作法
拝礼の作法
玉串の作法



このページでは、神社での参拝の作法を紹介しています。
みなさん見よう見まねで覚えていらっしゃるようです。
学校では教えてくれないことですので致し方ない事ではあるのですが、そのせいか、
今では誤った作法が多数派になってしまっています。
せっかく参拝するのなら、作法にのっとってスマートにいきましょう。




手水の作法


「手水」は「ちょうず」「てみず」と読みます。
神社の入り口付近には手水舎(ちょうずしゃ・ちょうずや・てみずや・おみずや)があります。
神前に立つ前に、手を洗い、口を漱いで身と心を清めましょう。



@ まず、右手で柄杓を取り、左手を洗います。

ちょうずその1



A 次に、左手に持ち替えて、右手を洗います。

ちょうずその2



B 右手に持ち替えて左手に水を受けます。
その水で口を漱ぎます。
ちょうずその3


柄杓に口をつけてはいけません。

ちょうずその3’



C 再度、左手を洗います。

ちょうずその4



D 柄杓を立てて、柄に水を流します。

ちょうずその5



E 柄杓を元の場所にふせて置きます。

ちょうずその6



※ ハンカチ等で濡れた手と口の周りをふくとモアベターです。


拝礼の作法


手水で心身ともに清めてから、神前に向かいます。
この時、参道の中央は避けて通ります。
中央は「正中」と言って、神様の専用通路になっています。
神道における拝礼の基本は「二拝二拍手一拝」ですが、例外(出雲大社等)もあります。



@ 軽く会釈をします。 賽銭を投じ、鈴を鳴らします。

さんぱいその1



A 頭を深く二回下げます(二拝)。腰から曲げましょう。

さんぱいその2



B 手を合わせます。右の掌を左に対して少し引きます。
柏手(かしわで)を二回打ちます(二拍)。

祝詞(ノリト)・略拝詞(リャクハイシ)・祈願等を行います。

さんぱいその3



C もう一度、頭を深く下げます(一拝)。今度は一回。

さんぱいその4





玉串の作法


正しくは「玉串を奉りて拝礼」といいます。
玉串とは霊串のこと。
榊の小枝に、祈る人の霊を込めて神にささげます。



@ 右手で榊の元の方を上から持ち、左手で先の方を下から支えます。
位置は胸の高さ。左手の枝先を上にします。





A 玉串案(机)の前三尺(約90cm)ほどの所で止まり、深揖(シンユウ)します。
※深揖=腰を45度曲げる深い会釈





B 玉串を時計回りに90度回転させます。
今度は左手で元の方を持ち、右手は先に添えます。
元の方を下げた形で祈念をこめます。





C 同じ方向にさらに180度回転させます。
右手で榊を支え、左手は右手の下に添えます





D やや進んで、榊の元の方を神前に向けて案(机)の上に置きます。
その後、やや退きます。





E 「二拝二拍手一拝」します。





F 再度深揖して自席に戻ります。






Home / Information / Link /BBS / How to visit / Knowledge / Gallery
Torii_1 / Torii_2 / Torii_3 / Torii_4 / Torii_5 / Torii_6 / Profile

特別企画 / 映画制作 / 自由律俳句 / 猫バカ / 男日記