HOMEに戻る / 趣味のデータ館INDEXに戻る / 数と単位のはなしTOPに戻る

SI単位系 | 長さ | 面積 | 体積・容積 | 質量・重量 | 時間 | 速度・加速度 | 力・圧力・応力 | 仕事・熱量・エネルギー | 仕事率 | 温度 | 大きな数 | 小さな数


長さの単位

長さは、最も基本的な単位の一つです。最も基本的であるがゆえに、古くから世界各地で様々な単位が作られ、使用されていました。今でこそ日本ではメートルが基本的な長さの単位として定着してますが、明治時代の中盤までは、何尺何寸といった呼び方が一般的で、今でも特定の分野では使用されています。また、インチのようにイギリス発祥のヤード・ポンド法による単位も、意外と残っているものです。このページでは、SI単位系以外のいろいろな長さの単位について紹介します。


尺貫法

尺貫法は、古代中国の度量衡の流れを受け継ぐ、日本固有の単位系です。長さの最も基本の単位は「尺」で、古くは中国の夏王朝の時代から使用されていました。「尺」という字はもともと、手のひらを広げ、親指と中指の先までで長さを測る形を表したものといわれています。したがって、「尺」という単位が使われ始めた頃は、現在の約30cmよりずっと短く、大人が広げた手のひらの親指から中指までの長さ、即ち、約18〜20cm程度だったようです。その後、時代が下って制度が改められるごとに尺の長さは変化し、尺という単位が導入された日本でも数種類の「尺」が共存していました。現在の一尺の長さ=30.3cmは、明治時代になってから正式に制定されたものです。一尺を基本として、その10分の1が寸、100分の1が分、と決まっていきます。下の表は、尺貫法における長さの単位を、大きな方から順に並べたものです。

単位の名称 読み 大きさの関係 SI単位との換算
1里=36町=2,160間=12,960尺 1里=3.927km
ちょう 1町=60間=360尺 1町=109.08m
じょう 1丈=10尺 1丈=3.03m
けん 1間=6尺 1間=1.818m
しゃく 1尺=30.3cm、1m=3.3尺
すん 1寸=1/10尺 1寸=3.03cm
1分=1/10寸=1/100尺 1分=3.03mm
りん 1厘=1/10分=1/100寸=1/1,000尺 1厘=0.303mm
もう 1毛=1/10厘=1/100分=1/1,000寸=1/10,000尺 1毛=0.0303mm

改めて周囲を見渡してみると、尺貫法に由来する呼称って結構あるものです。例えば巻尺・・・実際はm、cmの表示しかしてなくても、巻尺という呼び方が使われますよね。また、「寸分違わぬ」という諺なども、(精度はともかくとして)少しの違いもないということをよく表した言葉だと思います。そういえば、物差しの中で最も一般的な長さが30cmであるということは、やはり30cmという長さが一尺に極めて近いことが関係しているのでしょうか。


ヤード/ポンド法

東洋一帯で使用されている中国起源の度量衡法に対し、西洋にはイギリス起源の「ヤード/ポンド法」があります。起源をさらに追っていくと古代オリエントまで遡るそうで、ローマ帝国を経てヨーロッパ地方に広まったと見られます。10世紀頃からイギリスにおいて少しずつ制度化され、16世紀には世界の国々に普及していきます。ヤード/ポンド法の長さの基本的単位であるインチ、フート、ヤードなどが、実際にどのような値に基づいているのか、正確なところはわかっていませんが、いずれも人間の体の一部の長さを表したものであると言われています。例えばインチは親指の幅、フートは足のかかとからつま先までの長さに由来します。ヤードについては、アングロサクソンの腰まわりの長さ、人間の肘から手の先までの2倍の長さ、など、そのルーツにいくつかの説があるようです。

飛行機の飛行距離でポイントを貯める「マイレージ」、ゴルフの飛距離のヤード、インチで表すフロッピーディスクのサイズなど、ヤード・ポンド法に基づく単位も生活の中に意外と残っているものだなと感じます。

単位の名称 記号 大きさの関係 SI単位との換算
マイル mile 1mile=80chain=1,760yd 1mile=1.6093km
チェーン chain 1chain=22yd 1chain=20.12m
ヤード yd 1yd=3ft=36in 1yd=0.9144m
フート ft 1ft=12in=1/3yd 1ft=0.3048m
インチ in 1in=1/12ft 1in=2.54cm
ミル mil 1mil=1/1,000in 1mil=0.0254mm

余談になりますが、篩の目の大きさを表す単位として「目」と「メッシュ」があります。1寸がいくつに仕切られているかを表す値が「目」、1インチがいくつに仕切られているかを表す値が「メッシュ」です。例えば、200目というのは3.03cmが200に仕切られているので篩目の間隔は約0.15mm、200メッシュというのは2.54cmが200に仕切られているので篩目の間隔は約0.13mmです。しかし実際は、篩を構成している金網の太さがあるので、当然篩目の開きはこれらの値より小さくなります。また、金網の太さが違うと、同じ数値でも実際の開き目の大きさが異なるという問題があるので、最近では「目」や「メッシュ」ではなく実際の開き目のサイズをマイクロメートルで表す方法が一般的になってきています。


その他の長さ

その他、尺貫法、ヤード・ポンド法以外の単位です。

単位の名称 記号 SI単位との換算 備 考
海里 1海里=1.852km 地球の中心角1分(緯度1分)にあたる海面上の距離が1海里と定義されます。主に海上を航行するときに使われる単位です。
キュービット 古代オリエントから、ギリシャ・ローマ時代まで使用されていた単位です。時代によって1キュービットの大きさはまちまちですが、おおよそ大人の腕の肘から指先までの長さにあたります。
スタディオン 1スタディオン=約180m これも古代に使用されていた単位で、競技場での徒競争コースの長さの単位でもありました。ちなみに「スタジアム」という言葉は、スタディオンを語源としています。
オングストローム 1オングストローム=1/10nm 現在ではSI単位系のナノメートルが主流ですが、化学の分野ではまだ見かけることもある単位です。



SI単位系 | 長さ | 面積 | 体積・容積 | 質量・重量 | 時間 | 速度・加速度 | 力・圧力・応力 | 仕事・熱量・エネルギー | 仕事率 | 温度 | 大きな数 | 小さな数


HOMEに戻る / 趣味のデータ館INDEXに戻る / 数と単位のはなしTOPに戻る