誰にでもわかる工事監理


基礎工事
基礎の種類
土工事
鉄筋の組み方
アンカーボルトの設置の仕方
基礎の高さと幅
基礎の換気
木造躯体工事
土台について
筋違の入れ方
構造用合板の張り方
柱と梁
断熱工事
断熱材の入れ方
断熱用サッシュ、ガラス
屋根工事
屋根下葺きについて
防水工事
防水工事について
内外装工事
内装下地工事について
外装下地工事について(サイディングの場合)
外装工事
防水シートの貼り方
メタルラスの種類と貼り方
サイディングの貼り方
|工事監理トップ|
|HOME|
お問合せは、こちらへ



安水建築事務所

住まいのコンサルティング

建築の企画・設計・監理

第三者からの工事監理

建物診断・耐震診断


内覧会立会い


  アンカーボルトの設置の仕方
 
 
アンカーボルトとは

 地震や台風などの大きな外力が建物にかかる際に、土台が基礎からずれたり、浮き上がったりすることがないようにしっかりと固定させる金物の事です。
 阪神大震災のときに土台が基礎からずれていたのは、アンカーボルトがしっかりと働いていなかったからです。いくら基礎が頑丈にできたとしてもアンカーボルトの設置がうまくいっていなければ、その基礎は何の役にもたたない事になりますので、入念なチェックが必要です。
  

アンカーボルトの種類

 アンカーボルトには、下図のように2種類の長さ・太さのものがあります。
 ●記号:M12 太さ:12mm 長さ:400,450,500
 ●記号:M16 太さ:16mm 長さ:600,700,800,900,1000
 埋め込む場所、状況により使い分けをします。

種類

記号

M12

M16

 通常は、太さ12mm、長さ400mm以上のアンカーボルトを使用します。コンクリートへの埋込み長さは、240mm以上とします。ホールダウン金物を取付ける場合は、太さ16mm、長さ600mm以上のアンカーボルトを使用します。この場合は、コンクリートへの埋込み長さは、360mm以上とします。
 

アンカーボルトの設置位置

 適度なアンカーボルトを選択すれば、どのような位置に設けるか重要になってきます。一般的に
   @耐力壁の両端の柱に近接(200mm内外)した位置
   A土台切れの箇所、土台の継手及び仕口の上木端部
   Bその他は、約3m以内の位置
とされています。


 アンカーボルトは、長さ400mm以上必要です。この金物により土台と基礎とをしっかりと固定させます。 ホールダウン金物を取付ける場合は、太さ16mm、長さ600mm以上のアンカーボルトを使用します。
 
事前に型枠等に固定吊下げして高さ・位置を正確に決めてコンクリートを打ちこみます。 アンカーボルトは、約3m以内の間隔に設置します。
 
アンカーボルトのコンクリートへの埋め込み長さは、240mm以上とし、ボルトの先端は、土台の上端よりナットの外にねじが3山以上出るように固定します。 アンカーボルトは、土台の継手の上木端部に設置します。また、柱から20cm内外に設置します。
 
 このように設置されたアンカーボルトは、大きな地震がきても基礎から建物がずれるという事は、ありません。


  NEXT⇒ || 基礎工事 || 基礎の高さと幅

提供:安水正一級建築士事務所
Copyright (C)2002 YASUMIZU-ARCHI. ALL RIGHTS RESERVED.
Produced and written by Tadashi Yasumizu