Sorry!  In this Web site, Japanese is only written.

 

庶茂内模型鉄道はどのページもリンクフリーです。

 

<お知らせ> 2016年9月末に現行ホームページサービスが終了になります。

 

新ホームページアドレスは http://syomonai.na.coocan.jp/index.htm です。

 

メルアドを把握しているサイト様には別途ご連絡をするつもりながら、一昨年パソコンがクラッシュした関係で連絡漏れも多数あるかと思います。

かつて相互リンクをお願いいたしました皆様には、恐れ入りますがリンクを外していただければ幸いです。(2016/02/11記)

 

しょもない もけいてつどう

庶茂内模型鉄道

2002/10/25/開業>

 

独断と偏見を持ってお贈りする中小私鉄系鉄道模型の「パラレル・ワールド」

管理人にメールする

リンク集

新規受付は終了しました

 

庶茂内:雑記

日々の模型製作記録ほか

 

電化地方私鉄

非電化地方私鉄

1/80 炭鉱鉄道

暫定:模型の技法 試行錯誤

軽便鉄道模型祭レポート

私の国鉄時代

玉電プロジェクト

更新終了

 

Nゲージ8100十人十色

更新終了

 

新:戻れない道計画

1/80:16,5mm&1/87:9mmの地方私鉄レイアウト 1700×1350mm

 

欲望と言う名の複線化を果たしたものの、このサイズでは、国鉄本線系車両を“ぼーっ”と眺めるには少々辛いものがありまして、大量の粗大ゴミと数年の時間を経て、ぐるりと回って元に戻ってきたと思いきや、またまた迷路に足を踏み入れています。今度は勾配付のグルグル回るレイアウトです。

 

私の前に道は無い。私の後に道はできる。スケール混在の戻れない道計画!絶賛迷走中!?

小茂内鉄道山奥線

1/87:9mm 味噌汁軽便山岳線レイアウト 900mm×600mm

 

1両の小型気動車から始まった物語。

かつて軽便模型に興味を持ち始めた頃に衝撃を受けた思川鉄道(TMS1980年4月号)に想いを馳せ、35年の歳月を経た今、そのエッセンスを凝縮して製作しました。

 

11回軽便鉄道模型祭出展作

庶内鉄道訪問記

1/80:16番 非電化地方私鉄レイアウト 1700mm×1200mm

 

時は昭和40年代前半。

まもなく田植えの時期を迎え、遅咲きの山桜が新緑の中に色を添える5月中旬の東北地方。鉱山のある街と国鉄線の接続駅を結ぶ典型的な鉱山鉄道が舞台です。

 

『鉄道模型趣味』200167月号に発表

庶茂内炭鉱鉄道

1/80:16番 北海道運炭鉄道 石炭桟橋のお立ち台

 

2003年正月に行われた或るオフ会のお題は“B6”。某模型店でアメBこと2500のキットを入手した事をきっかけに、単に車両を持って行くよりも、もっと目立つ方法は無いだろうか?と画策した結果は「お立ち台付きの展示」でした。

 

『とれいん』2004年8月号に発表

庶茂内炭鉱鉄道

1/80:16番 北海道運炭鉄道 構内モジュール

 

2004年正月オフ会のお題は「炭鉱(ヤマ)」。お題に基づいて12mmのモジュールをこしらえようと仲間内で決まったのだけれど、自分だけは16番なんだよね。我関せずと作ったのはマルチスケールの炭鉱小モジュールでした(笑)。

 

『とれいん』2005年3月号に発表

模型を歩く小茂内鉄道

1/87:9mm 味噌汁軽便汎用レイアウト 900mm×600mm

 

気がつけば、味噌汁軽便の車両がチョコチョコ増えて来ました。そのほとんどはメーカー完成品の「頚城」や「井笠」で、現在走らせるべき場所がありません。本来ならば車両に合わせて「舞台」を整えるべきなのでしょうが、組んでいた建物キットも増えてきましたので、最大公約数的なレイアウトを製作しようと思います。

 

『とれいん』2007年8月号に発表

下内村営軌道

1/87:9mm 北海道簡易軌道レイアウトI 900mm×600mm

 

簡易軌道を作りたいけれど、模型も資料もほとんど無い時代を経て、突如発売され始めたモデルワーゲンの簡易軌道シリーズ。それらに触発されて作った鉄道模型趣味復帰第1作でした。まだ『軽便探訪』も『簡易軌道写真帖』も無い頃です。

 

『鉄道模型趣味』1997年3月号、2001年3月号に発表

下内町営軌道

1/87:9mm 北海道簡易軌道レイアウトII 600mm×400mm

 

友人の送ってきた「奥行臼の保存車両写真」に触発され熱病の如く製作し、第3回軽便鉄道模型祭でお披露目した後も、少しずつ手を加えて今に至っています。当初は宿題(謎)として提出するつもりでしたが、ほぼ完成後に新たに判明した箇所が見つかりましたので、これは習作扱いになりました。

 

簡易軌道の保存車両見学記も併せて収録しました。

12年目の宿題

1/87:9mm 北海道簡易軌道レイアウトIII

 

満を持して・・・と言えば聞こえは良いが、要するに2001年から数えて12年も経ってしまったって事。歳を経ると知識は増えても馬力がなくなるよね(激汗)。第10回軽便鉄道模型祭でお披露目したにも係わらず、相変わらず今も止まっています・・・orz

霜内石灰軌道訪問記

1/87:9mm 石灰運搬軌道レイアウト 700mm×500mm

 

そのむかし、私がまだ高校生だった頃、埼玉県北西部の或る工場から最寄りの国鉄駅へ、石灰製品を運ぶ軌道があったそうな・・・。乙を知る前に作ったのでニブロクです(笑)。

 

『鉄道模型趣味』2008年3月号に発表

 

 

 

 

著作・製作 倉林 実  Copyright(C) Minoru Kurahayashi All rights reserved

このWebサイトは、ワード2000にて作成しIE5.5にて動作確認をしています。FTPソフトはNEXT FTPです。

 

Webサイト庶茂内模型鉄道はリンクフリーです。なお現在、新規リンクは受け付けておりませんのでご了承下さい。

2010年9月2日)