てあて コア・ストレッチ教室 in 東京・大泉
〜 コアをゆるめて動きやすい体作り 〜





ダンスをこよなく
愛するあなたへTOP



がんばれ整体
する人される人TOP



てあて整体院TOP






 床の上でするストレッチ。
 ゴロゴロしながら体の芯を緩めます。


 ■最近の様子の動画です。
  


 ストレッチの仕方が分らない ・・・
 一人でやるのはどうも ・・・
 でも、ストレッチはやってみたい ・・・

 そんな方は集まって下さい。
 ストレッチと言うと筋肉を引っ張って伸ばして痛い、そんな感じがするかもしれません。
 でも、コア・ストレッチ教室では引っ張るストレッチは殆どやりません。
 床の上でゴロゴロ身体を動かしながら、実は身体が緩んでいる、そんな方法で身体を
 緩めて行きます。
 コンテンポラリー・ダンスのフロア・エクササイズをベースにした方法なので、背骨(脊
 椎)と肩・股関節を意識して動きをすることで、今まで固まっていた身体をゆるゆるに
 開放します。。
 開脚をするためには股関節の柔軟性が大切ですよね。
 また、背骨や骨盤の歪みを正しくするためにも、コア・ストレッチはとても有効です。

 ここでのストレッチでは表の大きな筋肉より、体の深いところにあるコア(深層筋)を
 中心に緩めます。
 ダンスやバレエをするときに使いやすい身体作りだけでなく、普段運動不足で身体
 が硬いと言う人にも最適です。

 ストレッチ教室の参加費は、東日本大震災復興の為にNPOチーム二本松さんに。
 ダンサー・芸術家の身体のケアの為にNPO芸術家のくすり箱さんに全額寄付します。






  日時 : 2014年 8月31日(日) 10:30〜 12:00

  場所 : 練馬区 勤労福祉会館 2階和室(大)
        練馬区東大泉5丁目40番36号
        ※西武池袋線大泉学園駅南口1分

  料金 : 2000円(当日精算)
        ※ ストレッチ教室で集まったお金は全額寄付します。
           寄付先はチーム二本松と芸術家のくすり箱さんです。

  内容 : 床を使ったコア(深層筋)にアプローチするストレッチ(エクササイズ)です。
        コンテンポラリー・ダンスのメソッドを取り入れた動きが中心です。
        脊柱の個々の関節・肩関節・股関節を中心に動かしていきます。
        
  注意 : 床で動きますので、出来れば長袖Tシャツと長いパンツを用意下さい。

  連絡 : 電話 03−3922−7230
        mail  teate@nifty.com >>>
       



 ■第1回は2005年の春でした。
  
  写真は俗称スライムをやっているところ。
  背骨を一つずつ動かすって・・・ あ〜う〜


 ■ちょっとだけ・・動きの解説

 脊柱の関節を一つずつ緩めています。
   

 股関節開脚          上の写真を脚からやってみてます。
        












●ダンス関係のトップページに戻る
●トップページに戻る