Basilisk II Information

< Sorry, this page is Japanese only >

2006/10/30 Update

Basilisk II

< Basilisk II for Win32 >

【お知らせ】
現在、Lauri Pesonen氏のサイトは閉鎖されており、同氏によるWindows版Basilisk IIは入手できなくなっています。
また、Amiga版、BeOS版はメンテナンスされていません。
現在は主にGwenolé Beauchesne氏によって、Windows版、Linux版、Mac OS X版のBasilisk II JITの開発が行われています。インストールや設定方法は(ROMイメージファイルの作成を除いて)SheepShaverとほぼ同じですので、SheepShaverのページを参照してください。

【はじめに】

このページでは、フリーウェアの68k Macintosh エミュレータ、「Basilisk II」に関する情報を公開していきます。

【注意】
Basilisk IIを使用するためには、Macintoshの実機から取り出したROMイメージファイルが必要です。Macintoshの実機を所有している場合のみ、所有するMacintoshからROMイメージファイルを取り出して合法的に使用することができます。ROMイメージファイルの配布等を行うことはできません。


目次

  1. 概要
  2. Basilisk IIのインストール
  3. Basilisk IIを動かす(Win32版)
  4. Basilisk IIを動かす(BeOS版)
  5. Basilisk IIを動かす(Unix版)
  6. Ethernet(Win32版)
  7. NAT/Router(Win32版)
  8. ユーティリティ

  1. 概要

    1. Basilsik IIとは?

      Basilisk IIは、Christian Bauer氏によるオープンソースの68k Macintoshエミュレータです。

      BeOS、Unix、AmigaOS上で動作します。

      B2 for BeOS
      BeOS版       
      B2 for Linux
      Linux版(Classicモード)       

      Lauri Pesonen氏によってWin32プラットホームにも移植されています。

      また、Linux/i386版およびWin32版ではGwenolé Beauchesne氏による just-in-time (JIT) compiler版も公開されています。
      (JIT版は、動作は高速ですが、安定度はやや落ちるようです。)

      さらに、Nigel Pearson氏によってMac OS Xにも移植されました。

      Basilisk II on X

      ちなみに「Basilisk」とはアフリカの砂漠に生息するニワトリとヘビを合体させたような姿の伝説上の怪物の名前だそうです。このエミュレータも「Mac OSと他のOSを合体させる」という意味でこのような名前が付けられたのかもしれません。
      (作者に聞いたわけでは無いので本当のところは分りませんが)

      「Basilisk II」と言うからには当然(?)「I」もあり、先代のBasiliskBeOS/Linux上で動作するMacintosh Classicエミュレータでした。

      また、Christian Bauer氏はAmiga用68k Macintoshエミュレータ、ShapeShifterの作者としても知られており、AmigaOS版のBasilisk IIはShapeShifterの後継バージョンとも言えるでしょう。

    2. エミュレータ仕様詳細

      主な機能は以下の通りです。

      1. 以下のシステム上で動作。

        - BeOS for Intel/PowerPC R4.x以降
        - Unix(Linux、Solaris 2.5、FreeBSD 3.x、NetBSD 1.4.2、IRIX 6.5等)
        - AmigaOS 3.x
        - Windows NT 4.0/2000/95/98/Me/XP
        - Mac OS X

      2. Amigaエミュレータ、UAEのエンジン部を使用して、68020/68030/68040CPUおよび68881FPUをエミュレート。
        (AmigaOS版およびNetBSD/m68k版はCPUエミュレーション無し。)

      3. ClassicエミュレートおよびMacintosh IIシリーズエミュレートをサポート。
        (ClassicエミュレートのサポートはAmigaOS版とBeOS for Power PC版では未サポート。Mac OS X版では未テスト。)

        なお、ここで言う「IIシリーズ」とは、32ビットクリーンROMを持つIIci以降の機種を指します。

      4. カラービデオ表示をサポート。
        (Classicモードでは白黒512x342画面のみ。)

      5. HFSパーティションとハードファイルをサポート。

      6. CDドライブをサポート。
        (Mac OS X版では未テスト。)

      7. サウンド出力をサポート。
        (Classicモードではサウンド出力は未サポート。サウンド機能はMac OS X版では未実装。)

      8. フロッピードライブをサポート。
        (1.44MBフロッピーディスクのみ。Mac OS X版では未テスト。)

      9. Ethernetをサポート。
        (EtherTalkも可。EthernetはClassicモードでは未サポート。Mac OS X版では未実装。)

        なお、ドキュメントには明記されていませんが、LinuxでEthernet機能を使用する場合は、kernel 2.2(以降)が必要なようです。

      10. シリアルポートをサポート。
        (LocalTalkは未サポート。Mac OS X版では未テスト。)

      11. SCSI Managerエミュレーションをサポート。

      FUSION-PCGemulator SoftMacといった商用の68k Macintoshエミュレータと比較して、動作速度はやや劣りますが、Unix等でも動作することや、Ethernetサポートなどの利点もあります。

    3. Basilisk IIで動作するシステム

      ClassicエミュレートではSystem 7.5.5まで、Macintosh IIシリーズエミュレートではMac OS 8.1までのシステムが動作可能です。

      残念ながらPowerPC専用のシステムであるMac OS 8.5(以降)のシステムは68k MacintoshをエミュレートするBasilisk IIでは使用できません。

      サポートされているバージョンのシステムであれば、日本語システムも使用可能です。

    4. 仮想メモリについて

      Macintosh側では仮想メモリ機能を使用することはできません。ただし、Windows等の仮想メモリ機能を使用して、実メモリより多くのメモリをMac OSに割り当てることもできます。

Next →

← TOPページに戻る

「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
「その他、記載の商品名などは、一般に各社の登録商標または商標です」

Copyright (C) Toshimitsu Tanaka 1999-2006.