SheepShaver for x86

< Sorry, this page is Japanese only >

2006/10/30 Upadte

SheepShaver for x86

< SheepShaver for Windows(クリックで拡大) >


【はじめに】
本ページはPower Macintoshエミュレータ、SheepShaver for x86に関する覚え書きである。
目次
● 概要
SheepShaverのインストール
SheepShaverを動かす
その他の情報

● 概要

SheepShaverは、Mar"c" Helwig氏とChristian Bauer氏によりBeOS/PPC用のMac OS実行環境として1997年にベータ版が発表され(正式版リリースは1998年5月)、のちにLinux/PPCへ移植された。

SheepShaver for BeOS/PPC
SheepShaver for BeOS/PPC

当初はシェアウェアであったが、v2.1(2001年3月)以降はフリーウェアとなり、2002年2月には同じくChristian Bauer氏による68k Macintoshエミュレータ、Basilisk IIとソースコードを共有する形でGPL準拠のフリーソフトウェアとして公開された。

その後、主にGwenolé Beauchesne氏(JIT版Basilisk IIの作者)によってLinux/x86への移植(PowerPCエミュレーションの実装)が進められ、2003年11月にはLinux/x86上でMac OSの起動に成功した(画像)。

現在ではLinux/x86_64、Mac OS X、Windows等、様々なプラットホームに移植されている。

SheepShaverは、Power Macintosh 9500(マシンID 67)をエミュレート(CPUはPowerPC G4)しており、System 7.5.2からMac OS 9.0.4までのOSが使用可能である。

なお、現状ではMMU(メモリ管理ユニット)のエミュレーションが実装されていないため、Mac OS XやLinux/PPC等のUnix系OSや仮想メモリ必須のアプリケーションは動作しない。

Next →

← TOPページに戻る

「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
「その他、記載の商品名などは、一般に各社の登録商標または商標です」

Copyright (C) Toshimitsu Tanaka 2003-2006.