越後の雪山 大毛無山 スキー

                        2013年3月17日

 昨日夕方から雨が勢いよく降ったが朝は空が明るい。アライスキーリゾート跡へ向う。朝日に染まる大毛無山が大きく見えたのは昨日山頂で話をしたスキーの人が「奥が深い山だから気をつけて」といっていたからだ。

 道の脇が少し広く除雪されていて一台だけ地元ナンバーの車が停まっていた。そこからスキー場の入口を示すカンバンの脇を歩いていくがスキー場まで長く感じる。登るルートは地図を見て決めていた。ただし下るルートは現場を見ての判断と計画に書いてきている。

リフト跡のすぐ下から尾根に乗って下りのルートを何処にとるか見ながら登る。全体が雪に覆われて何処でも滑れそうな斜面がある。頑張ってスキーを送るがリフトの小屋がまだ上に見える状態が続いて疲れが出てくる。小毛無山の下を右から巻いて山頂を目指すころヘリコプターが飛んできた。昨日の雨に打たれた人の救出でも?などと考えたがわずかな時間で再び上空を下に向って飛んでいった。先行で上がっている人が二人いるようだがお互い距離があるので単独での人のようだ一人は右の尾根の急な沢を滑っての登り返しみたいだった。すごいところを降りている。ルートは滑るのに良い具合の傾斜が広がって下りもここがいいかも、しかしながら小毛無山からの斜面もいいかもなどあたりを見渡しながら高度を稼ぐ。スキー場内を登っているかのようだし、晴れているから余裕も出てくる。山を登っている感覚は全然無い。ここは山を楽しむよりはスキー(若者はボード?)を楽しむところのようだ。稜線に出ると風が当たり展望も開けるようになる。小ピークでドロップ前の人と挨拶、先ほどの凄いところを降りたボーダーのようだ。目の前には大毛無の山頂と妙高・火打などが見える。右を回り込んで山頂に上がると頚城の山が眼前に広がる。山頂には一人荷物を置いて動き回っていた。いわく「もうすぐヘリが来るから飛ばされないようにしてください」。無線機でやり取りしていた。写真を撮っていただき少し離れて展望を楽しんでいるとヘリがきて山頂に降りた。すると若者が5〜6人ボードを持って降りてきた。ヘリはすぐに飛び去り若者は賑やかに写真撮影。静かに山頂を楽しむことができなかった。すぐに支度をして降りることにした。

登って来た斜面が気持ちよさそうなのでそちらに向うと二人、登ってくるのが見えた。その人達のそばを滑るのも気が引ける。せっかく来たので小毛無の山頂にも寄っていこうと考え直してピーク下をトラバースして尾根に乗る。小毛無の登り返しはスキーを外して担ぐ。小毛無山からは少しは山らしい大毛無山が観られた。ここは静かに山頂を楽しめるのでゆっくりできた。結局、小毛無山の北面を滑り降りた。雪は少し緩めだが快適に下りられる。一番上のリフト跡から狭目の尾根を滑ることにしたが上であったボーダーの跡?がついていた。標高が下がると雪はぶかぶかで足首ちかくまで沈む。行きに登った尾根を右に見て沢沿いの林道にでた。ここからスキー場の下まではスキーを漕ぐ。そして車までもスキーを漕ぐことに。

天気がよすぎて気温もあがった標高の低い雪山は雪がすぐに緩んでいっしょに気持ちも緩んでしまうのがわかった。そして大毛無山は展望を楽しむのには良いが山を楽しむのは難しい、観光地ということがわかった。

コースタイム

6:40 車   9:40〜10:00 大毛無山   10:20 小毛無山   
11:05 車

      

    右側の山塊が大毛無、左は妙高・火打                大毛無山全体です

       

       小毛無山の斜面                 正面のとんがりが山頂下のピーク

           

    小毛無山を大毛無山の快適斜面から              とんがりピークから小毛無山

        

       大毛無山山頂に人がいます                  もう少しで山頂です

        

       少しは山らしいところも                火打山が真ん中に迫力満点

           

                                      ホームへ