一級建築士事務所 風組・渡邉設計室は、住まい手のニーズを受け止め、その土地の風土から学び、古くからある素材や技法を活かしながら、「楽しさ」「美しさ」をプラスしていく、そんな家づくりを目指しています。そして、「古くなったから壊して建て替える」という発想だけでなく、できるかぎりいまある建物を活かすこと、時の経過がつくり出した豊かな空間を残しながら、快適さを付加していく、リフォームや民家再生の方向性も追求していきます。それもまた、本当のエコロジーであろうと思います。
 新築工事、再生リフォーム工事のほか、民家や文化財の調査・申請業務、まちづくりアドバイザー業務も行っています。【2016.01.03「被災地での土蔵調査」を更新】