《中南米の宿》
僕は中南米旅行をしたことがありますが、その間、日本人宿には泊まりませんでした。
ただ、日本人宿に行って、日本語の本を借りたり、日本人と話をしたりはしました。
中南米は人も親切で、物価も適当に安いので、わざわざ日本人宿を選んで泊まる意味はないと思いますよ。

【メキシコ】は、北米の宿
【グアテマラ】
@アンティグア
「ペンション田代」 http://ptashiro.hp.infoseek.co.jp/
アンティグアは、スペイン語学校で有名で、スペイン語学校で民宿を紹介してくれたりするし、また、安宿も多い。
日本人も結構いるので、わざわざ日本人宿に泊まる必要はないんじゃないかな。
僕がアンティグアにいたころは、有名な日本レストラン「ZEN」があって、そこが日本人の溜まり場でした。
「ZEN」のオーナー、ユキさんが殴り殺されてからも、アンティグアでスペイン語を勉強する日本人はたくさんいますから、ここに泊まらなくても、いくらでも日本人には出会えるでしょう。
【コロンビア】
@カリ
日本人宿・達磨 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/4298/
コロンビアのカリというのは、一般には、コロンビアマフィアがいて恐ろしいといわれている町。
僕も実は、コロンビアの首都ボゴタ(サンタフェデボゴタ)からは、カリにもメデジンにも寄らずにカルタヘナへ飛んでしまった。
ただ、南米一周で、ボゴタに入って、そこからエクアドルへ進むとき、途中でカリに寄る時は、いいかもしれません。
【エクアドル】
@キト
ホテルスークレ http://www.mucha-suerte.com/sucre.html
ここは日本人が経営しているというのではなく、ただの安宿です。
僕が中南米一周したときも、最初はここに泊まって、次の日はもっといいホテルへ移動しました。
最近は、日本人が集まっているとか…。
でも、キトなんかに長期滞在する日本人は多くないと思うので、わざわざ行ってみて誰もいなければ悲惨ですね(笑)。
ただ、安いホテルは他にもたくさんあるので、特に行く必要があるとも思えませんが、ファンがサイトを立ち上げているようなので、話のネタに行ってもいいでしょう。
【ペルー】
@リマ
ホテルヨーロッパ
僕は、リマでは、「ホテルヨーロッパ(オテルエウロパ)」に泊まりました。
欧米人バックパッカーに人気で、今でもあるようです。
このホテルは、大統領宮殿にも近く、サンフランシスコ教会の前なので、場所的にもよく、料金も適正でオススメです。
ペンション西海
西海は1990年以前の伝説の日本人宿でした、でも最近は、寂れていると思います。
場所もちょっと危ないところにあるようですから、他の日本人がいなければ、行く必要はないでしょう。
沖縄
沖縄には、おばさんが不親切、お金を盗られる、という悪い噂があります。
とうやまペンション(ぺぺペンション、Casa de Pepe) http://www.pepepenshon.com/
このペンションのオーナーは、ヤフーや「地球の歩き方」の掲示板でずいぶん宣伝をしていました(います)。
ただ、場所が旧市街ではなくて、やはり宿泊費がちょっと高めなので、大人気にはなっていないような…。
最初に南米へ入るときには、安心なのでいいかもしれませんね。
江田イン http://edainn.hp.infoseek.co.jp/
一泊15ドル、空港送迎9ドルで、日本人経営とか。
アマゾンレインフォーレストロッジ http://www.amazon-lodge.com/inicio3.htm
イキトスにあるジャングルツアーオペレーター、江田インに問い合わせで予約できるとか。
@クスコ
ペンション八幡(やわた) 
ペンション花田 http://www.pensionhanada.com/
クスコの日本人宿は、八幡と花田ですが、最近は、八幡の方が人気があるという話です。
僕自身、1989年にクスコにいたときは、「Lonely Planet」に紹介してあったホテルに泊まり、花田に遊びに行ったので花田さんとは面識があります。
その後日本人観光客が増えて、花田へ登る道で日本人旅行者が襲われるという話をLAで聞いたりしましたね。
【ボリビア】
@ラパス
エル・ソラリオ
この宿が最近人気みたい。情報ノートもある。
【チリ】
@サンチャゴ
@ビニャデルマール
汐見荘
昔の南米旅行というのは、売春婦を買うための旅行だった。
で、その時代、汐見荘は長期滞在して、現地の売春婦を買う人たちが多いので有名だった。
でも、いまもそうかどうか、わからない。
【アルゼンチン】
@ブエノスアイレス
日本旅館
address: Miraflores 2045 cobo 1700
phone: 4924-4144
なかなか評判が良く、安い、日本人宿らしいですよ♪
ただ、中心部からちょっと離れているようで、いまは、アルゼンチンの物価が安いので、いいホテルに安く泊まったほうがいいかもしれません。
@ウシュワイア
上野山荘(上野大学) http://www.geocities.co.jp/NatureLand/7335/
【パラグアイ】
@アスンシオン
ホテル内山田
ここは、日本人ビジネスマンも泊まる、昔から有名な、きちんとした宿です。
バックパッカー向きじゃないかもしれない。
【ウルグアイ】
【ブラジル】
@サンパウロ
ペンション荒木
ここの説明を最初、僕は「ペンション荒木は、サンパウロで売春婦を買う日本人男性の集まる、宿です」と書きました。
ところが、世界旅行者協会のhijiriくんから、「みどくつファンクラブ」で、
>>「ペンション荒木は、特にサンパウロで売春婦を買う日本人男性にとっては便利な、宿です」と、訂正することを提案しますがいかがでしょう?
という発言がありました。
>>いや、別にペンション荒木にどんな人間が行こうがいようが今さら知ったこっちゃないんですが、
>>僕が泊まった限りでは、安いし、日本人街にあるから便利だし、何より泊まって楽しかったんで、そう思ったんですが・・・

ということです。
まあ「荒木」については、僕自身は、リベルダーデの日本人経営の宿に泊まって、歯医者を紹介してもらって治療をして、それから荒木を観察に行ったわけですが、そのときに、荒木にいた若者に「なにか情報はないですかねー」と聞いたら、女の値段、買い方、連れ出し方をスラスラッっと言われたのが一つの衝撃で、それがまたネタにもなっているわけですね(笑)。
ただ、この後、女子高生世界旅行家のRちゃんが荒木に泊まって、そこで、世界旅行者協会のTくんに出会った。
彼からLAの「ホテル加宝」を紹介されて、「ホテル加宝」に泊まった。
すると、マネージャーの大山さんが、世界旅行者協会を紹介してくれる。
それから僕にe-mailがあって、それで知り合ったみたいなこともありました。
ですから、僕は荒木は、素敵な宿だと思いますよ。
僕自身、荒木に入り浸って、マンガ本を読んだり、日本人旅行者を見つけて一緒に日本人向け食堂で飯を食ってたりしたんですからね。
ただ、文学的には、「荒木は売春婦を買う日本人の集まる宿」の方が、パンチが効いていて、いいと思いませんか?
というわけでして、別に、荒木が普通の個人旅行者にとって危険だということは、全くありません。
ま、女を買うのが好きな男性はスケベなだけで、悪い人間はいませんからね。 

【ジャマイカ】
@キングストン
アイシャハウス http://www.aishahouse.com.jm/
アイシャハウスからサイト変更の連絡があった。
それでじっくりサイトを読んでみると、ちゃんとしたところのようですよ。