戦国の七雄

  中国の戦国時代(BC403−BC221)は、周王室の他に有力な諸侯が7つありました。燕・斉・趙・韓・魏・秦・楚の諸侯です。各国は、独自の貨幣を鋳造しました。わずか200年の間ですが、この時代ほど多種多様な通貨が作成されたことはありません。

  この時代の貨幣はおおきく次の4種類に分類されます。
  @刀幣 刀をモデルにしたもので、斉・燕・趙など東方の諸国で作成されました。
  A布幣 農具のスキ・クワをモデルにしたもので、趙・韓・魏で作成されました。
  B円形 紡輪をモデルにしたとも、刀幣の一部をとったともいわれていますが、 やはり抽象的な形として貨幣にふさわしかったのでしょう。 戦国の中期以降に秦で発達し、その後他の国でも採用されました。
  C貝形 貝貨をモデルにしたもので、長江を支配した楚で作成されました。

  よく歴史の教科書にこれらの写真がありますが、大きさの実感がわきません。このページは、全てほぼ原寸です。
  書かれている字は、「漢字」になる直前の「周金文」といわれているもので、味のある書体です。
  ( 地図は、吉川弘文館の「世界史地図」を利用しました。)

  (1)燕 (2)斉

 上 燕の「方首刀(明)」   139mm 13.8g
 下 斉の「反首刀(斉法化)」 182mm 47.7g
 東方の山東半島にあった斉と、東北部の燕です。
 貨幣のデザインに刀を選んだことは、これらの国が狩猟民族だったことを示唆しています。
 大きさの変化はありません。国民はだだ一種類の貨幣だけを使っていたことになります。
これらの国でも、戦国末期には円形方孔貨になります。やはり持ち運びに不便だったのでしょう。 実際、燕の刀は簡単に折れてしまいますし、斉の刀は大きくて重すぎます。

  (3)趙 (4)韓 (5)魏

 左 趙の「方足布(安陽)」   50mm 5.3g
 中 韓の「円肩方足布(盧一釿)」55mm 13.2g
 右 魏の「古圜法(垣)」    41mm 9.6g
 中原に最も近い晋を分割した趙・韓・魏の三国(三晋)では、布幣が中心でした。  もっとも、後期では円形の貨幣も出現しました。
左の三つの貨幣はそれぞれデザインが異なっていますが、この三国は、貨幣の鋳造方法ではほぼ足並みをそろえていました。
 また、他の国とちがって、貨幣には鋳造した都市の名前が刻まれています。「安陽」「盧」「垣」は全て都市の名前です。この地方は、国家主導型ではなく都市の商人層が経済を支配していたことがわかります。


  (6)秦 (7)楚

 左 秦の「半両」 35mm 7.3g
 右 楚の「蟻鼻銭」 20mm 2.6g/18mm 3.3g
 西方の秦と、南方で長江一帯を支配していた楚です。
 この両国は、他の国よりは経済の発達が遅れていました。
 秦では、最初から円形でした。「半両」は、始皇帝が作成し、始皇帝が全国を統一するとともに、全国統一の貨幣になり、その後、前漢の初期までひきつがれました。
 楚は貝貨を元にした小さな貨幣をつくりました。アリや鼻に似ていることから、蟻鼻銭(ぎびせん)と言いわれています。中国では鬼の顔に似ていることから鬼瞼銭(きけんせん)とも言うようです。字はよく解読されていませんが、左側のは「各六朱」、右側のは「貝」または「巽」ともいわれています。



当時の貨幣単位:
 青銅の重量そのものでした。
 斉燕の単位は、1環(かん)=10鈞(きん)で、1鈞はおよそ11g。
 三晋の単位は、1鎰(いつ)=32釿(きん)で、1釿はおよそ12g。
 秦楚の単位は、1斤(きん)=16両(りょう)、1両=24銖(しゅ)で、1両はおよそ16g。


当時の人口:
 春秋時代は5〜600万人くらいだった人口は、鉄の農具が普及し、戦国時代には2000万人くらいに増加しました。国ごとの内訳は、
   燕200万,斉200万,趙500万,韓100万,魏200万,秦500万,楚500万 計2200万
   (斉と趙の数字は逆かもしれません)。
 一つの国が、今の日本の県と同じくらいです。


参考文献:
 山田勝芳、「貨幣の中国古代史」、朝日選書、2000
 貝塚茂樹、「中国の歴史」、岩波新書



閑話休題:
 農具の形をしているのに、なぜ「布幣」というのか調べてみました。
 漢和辞典では、「布」の字には、
   @ぬの Aひろげる(例:布教) の他に B貨幣
の意味があるとしています。
 そして、貨幣のうち丸い貨幣を「銭」、方足布のような形の貨幣を「布」と説明しています。
 一方、次のような考え方もあります。
 そもそも、「鎛(はく)」の字が農具の鍬(スキ、クワ)を意味します。(左の字が?または・と表示されるブラウザがあります。上の金偏の字です)
 この字に良く似た「搏(はく、ふ)」は、打ったりたたいたりすることを意味します。
 麻をたたいて柔らかくすると布ができるので、搏=布となります。発音も同じです。
 「鎛」の字より、「布」の方が簡単なので、「布幣」と呼ぶようになったのです。


2001.7.20 2001.9.16改訂